2016/06/05

RAGA MARA vol-34

FullSizeRender FullSizeRender(1)

6/24(Fri)

open 19:30 start 20:00

■若池 敏弘/エスラジ

1987年ベナレス流派タブラ奏者ケショウ・ラオ・ヤナック氏に師事。

2001年ファルカバード流派タブラ奏者ディリップ・ムケルジーに師事。

2008年エスラジをBuddhadeb Das氏に師事、2013年にインド旋律理論RagaをDevashisi Day氏に師事。

現在台湾台北市に在住し、国立台湾大学、国立政治大学、国立台湾教育大学、国立交通大学、世界遺産協会などでインド音楽講師を行い、インドではコルカタ、ドルガプル、シャンティニケタン、ヴァラナシなどで音楽祭に参加するなどの演奏活動を続ける。国立台南大学民族音楽部にて印度音楽選任講師として印度音楽リズム理論の講義を受け持ち、台湾タブラ愛好会会長として中華文化圏での印度音楽普及と育成に尽力している。2011年、台湾音楽会で最も影響のあるとされている「金曲音楽賞」の演奏者部門で最優秀賞を受賞。

 

■中尾 幸介/タブラ

04年アジアを放浪中、タブラに出会う。07年よりコルカタにて、天才的なリズム感覚と知識を兼ね備えたタブラ奏者ビピロップ・バッチャリヤ氏から学び始める。以降、日本とインドを往来、タブラ漬けの毎日を送り、精力的なライブ活動を展開中。

 

■岩下 洋平/シタール

インド音楽の未知なる世界に惹かれ、2003年から田中峰彦氏より手ほどきを受ける。翌年よりインドの英知ベナレスにてドゥルワナートミシュラ氏、アマルナートミシュラ氏の九州ツアーでの共演、その後関西を中心に活動を始める。

 

■若池 敏弘/タブラ

 

Raga MalaとはRaga=曲 Mala=輪の意味で、

朝のラーガから、昼、夕方、夜、真夜中の

ラーガへと時間の経過に従って、途切れなく

演奏していく形式で、フル・マラ(花輪)に

例えた名称です。

花の輪の様に毎日違う演奏者に繋いでいきます。

ヘナアートもやって来る!

HENNA ART/ANAHATAヘナアート/アナハタ

本イベントはカンパ制です。演奏中でも、飲食、オーダー、ヘナアートが可能です。